スマートフォンサイトに戻る

脱毛中のお肌を守る為の日焼け対策

紫外線対策の進行国であるオーストラリアでは、

 

国を挙げて以下の呼びかけが行われています。

 

 

1「長袖を着ましょう。」

2「サンスクリーンを塗りましょう。」

3「防止をかぶりましょう。」

4「サングラスをかけましょう。」

 

 

紫外線の対策では、何か1つ、

 

例えば日焼け止めクリームのみで行おうとしても

 

難しく、ムリもあります。

 

複数の対策方法を効率よく効果的に行い、

 

紫外線対策を行っていきましょう。

 

 

 

【服装や日傘などで日よけを】

 

男性だと日傘をさすのには、なかなか抵抗があるかもしれませんが、

 

気にならない方にはオススメの方法です。

 

服装はUVカットの効果を繊維などに持たせた、

 

「UVカットブラウス」や「UVカット帽子」などが紫外線対策には

 

優れているでしょう。

 

逆に、「UVカット」とうたわれていない服・帽子・傘では

 

その色に注意をおきましょう。

 

紫外線対策の基本色は黒です。

 

白に近い色彩のものほど紫外線を通過させてしまいます。

 

ですから、黒に近い色彩のものを利用しましょう。

 

また、スプレータイプの日焼け止めの製品の中には、

 

服や髪の毛にも使用できるものがあります。

 

ただし、髪の毛につける際に注意して頂きたいことは、

 

頭皮につかないように使用しましょう。

 

衣類への使用ではその繊維・色に関わらず、

 

紫外線遮断効果を高めてくれる優れものです。

 

 

 

【帽子】

 

帽子の紫外線遮断率は約20%だそうです。

 

頭皮もお肌ですから、薄毛の方は特に保護することも大切です。

 

 

 

【屋内での日よけ】

 

最も紫外線の多い時期では、室内においても

 

油断なりません。

 

すだれ・日焼けシェードなどを使用し室内への紫外線

 

侵入を防ぎましょう。

 

 

 

 

紫外線(UV)対策ではまず、

 

日焼け止め(サンスクリーン)です。

 

これらの対策を日焼け止めと合わせて行い

 

総合的に紫外線を防いでいくことが効率的です。

 

 

~脱毛するならもちろん、健康な肌・キレイな肌

を保つためにも日焼け対策は大切です。~

 

~コンプレックスをプラスに変える脱毛!CHANGE~

http://www.mens-change.com/report/503/

 

RSS FEED

ライン